img20220328144853905399.jpg img20220329110423697976.jpg mty_ex011dl[_igp7187].jpg img20220330133408397138.jpg hjk_ins006jr[_igp1056]_20220330113614301.jpg

一棟貸し

かやぶき一棟貸しの宿

美山町の古民家で暮らしているように滞在する

すべて、贅沢に一組のお客様が貸し切りでご宿泊できます

各棟は美山町の集落の中にあり各々数キロほど離れたところにございます。築150年の古民家やテラスのあるモダンなヴィラ、ワンちゃんと泊まれる棟や、バーやワインセラーや生ビールサーバーが備えられた棟、芝生や屋外BBQ場付きの棟など様々タイプがあり、ご家族やご友人同士で気兼ねなく心ゆくまでゆったりご滞在いただけます。

美山FUTON&Breakfast

国有形登録文化財 茅葺き古民家 

¥21,000〜

屋根裏 水琴窟 鶏小屋
囲炉裏あり 築150年

美山EISA

離れヴィラ付 ワンちゃんと宿泊OK

¥26,000〜

テラス・バーカウンターあり
ヒノキ風呂あり  古民家
施設情報
 

美山KAYAVilla

2階建てヴィラタイプ ワンちゃんと宿泊OK

¥12,500〜

ウッドテラス 広々とした芝生
ヒノキ風呂あり モダンなヴィラ

美十八 -mitoya-

茅葺き古民家

¥16,500〜

縁側が魅力 広々とした芝生
囲炉裏あり 築150年

百日紅

かまど付BBQスペースあり 古民家 

¥9,380〜

大人数で利用可能 古民家
 囲炉裏 ヒノキ風呂あり
 

STAY

お客様のお好きなスタイルで

古民家はキッチン完備で基本ご夕食の自炊が可能です。美山の食材調達や出張配膳サービス等もございます。また、ご滞在を楽しめるサイクリングツアーや茅葺き体験、竹細工体験などのアクティビティもご用意しています。

自然に還る

CONCEPT

持続可能な取り組み

茅葺きは自然の材料だけで造られる

 「茅葺」は、2020 年 12 月、日本の伝統建築工匠の技として、ユネスコの無形文化遺産に登録された、日本の大切で重要な伝統技術と文化です。茅葺き屋根の材料である茅・竹・木は、古い茅として田畑の堆肥として再利用することで自然に還っていく、持続可能な材料です。

美山の茅葺き集落

環境にやさしいものをご提供

当宿では、なるべくプラスチックを使わない製品を提供しております。アメニティは、竹ハブラシやマウスウォッシュ、歯磨きタブレットをご用意しております。朝食食材は、瓶入りジャム、紙パック入たまごへと変更し、これからも変わらず地産地消を心がけたご提供を行います。清掃などの洗剤は、開業当初より非石油系のみを使用しており、今後も人と自然環境に配慮した取り組みを続けて参ります。

茅葺き

GREETING

茅葺き職人が運営

茅葺きは、古来の日本人が表現した芸術です。「かやぶき一棟貸しの宿 美山FUTON&Breakfast」は、まるで美山に暮らしているかのように、かやぶき民家を一棟貸し切る宿でございます。茅葺きの魅力をお客様自身の感性で体験して頂きたい…。そんな願いを込めて、茅葺き職人の屋根晴がプロデュースしました。

茅葺きは古代からの預かりもの

茅葺き職人 屋根晴

『日本から世界に渡り、様々な地域で活躍されている茅葺き職人の師匠に弟子入りし、それぞれの技術や思いを受け継いできました。親方は、“ワシの技術は棺桶には持ってはいけぬ“と常日頃おっしゃられておりました。私は改めて、人類最古といわれるこの技術が、私の個人の技術ではなく、太古の時代から延々と職人を介して受け継がれてきた「預かりもの」であることを実感いたしました。そして、改めて日本人に生まれ、茅葺き職人の末裔であることに誇りを感じております。この「預かりもの」を現代にどう生かしていけば良いのかと考え、茅葺きの宿泊施設を発案しました。茅葺き屋根の歴史や構造に触れながら、  茅葺き屋根とその心に触れてみてください』

NEWS

2022年09月26日

きょうと魅力再発見旅プロジェクトが10月10日まで期間延長されました。9月2日以降は大阪府も対象となります。

2022年09月26日

全国旅行旅が10月11日よりスタートします。当宿も参画予定でございます。より割引額の高い交通付旅行商品も今後販売予定です。※時期は未定

2022年08月20日

『GLAMPICKS』に掲載されました。 LinkIcon 美山FUTON&Breakfastページはこちら  LinkIcon 美山EISAページはこちら

2022年07月26日

きょうと魅力再発見旅プロジェクトが8月31日まで期間延長されました。引き続き大阪府は対象外です。また今期より京都府民も3回目のワクチン接種証明書が必要となります。